お知らせ

4月感染症情報

@新型コロナ感染症
全国的に新型コロナウイルス(COVID-19)感染症)が依然として増加しています。
4月下旬現在では、変異株が増加し、感染力が強く、重症化のリスクも高く再感染やワクチン効果も懸念されています。
それとともに小中学生、乳幼児も増加しているようです。登校、登園中止の指示はありませんが、成人?からの感染に十気気をつけていただきたいと思います。
家庭内感染が多くを占め、学年が上がるほど学校内感染や感染経路不明が増加する傾向にあるとのことです。
家族に発熱、倦怠感、咳嗽のある方がおられましたらご家族に早めの受診をおすすめください。

Aインフルエンザ感染症
全国的にもほとんど終熄している状態です。当院では検査上でも発症していません。昨年度のインフルエンザの流行はほとんどなかったようです。今後の流行予想はどうなるか、ワクチン接種をどうするか頭が痛いところです。おそらく小児年齢もコロナワクチンが検討されることが、予想されます。

B咽頭結膜熱
例年に比べ極めて少ないです。全国的には、ほとんど出ていません。

C溶連菌感染症べ
例年に比べ極めて少ないです。全国的には、ほとんど出ていません。

D感染性胃腸炎
ウイルス性胃腸炎は減少しています。当院では、細菌性胃腸炎(キャンピロバクタ)が散発していました。

E水痘、手足口病、伝染性紅斑、百日咳、ヘルパンギーナ、おたふくかぜ、マイコプラズマ 激減しています。ヘルパンギーナ、手足口病は、今後増加する可能性がありますので ご注意ください。

FRS感染症
増加傾向にあります。全国的にはまだ少ないですが、 今後も乳幼児の咳、喘鳴にご注意ください。
乳幼児で咳が頻発するときは、早めに外来を受診してください。

(2021年4月26日)

過去のお知らせを見る

健康サポート

順番予約をする

おうちでの対応

お役立ちガイド

フォトギャラリー

おくやま小児科

〒251-0002
神奈川県藤沢市大鋸1-2-18
藤沢ホスピタリティパーク1階
電話:0466-29-5513
Fax:0466-29-5514

 

詳しい地図を見る